Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

Pythonのsocketでプロセス間通信をして価格データ等を送信する

公開日: : Python , , , , ,

3154262365_ee9e47d72e_z

Photo by F Delventhal

どうも、お久しぶりです。キリンです。

取り敢えず1ヶ月ほど、連続でブログの更新を続けてみたのですが、それ以降更新が途絶えてしまっていました。本業(FXの運用)のほうが今鳴かず飛ばずなので、なんとか盛り返そうと頑張ってます。

その中で、どうしてもプロセス間通信(IPC, Inter Process Communication)をしなければならない事案に遭遇してしまったので、忘備録も兼ねてPythonでSocketを使ったプロセス間通信の方法を調べる際に学習したことと、実際に作成したプログラムをご紹介します。きちんとTCP/IPの通信について勉強したわけではないので、間違った理解、解釈があるかと思います。その際はご指導いただけると助かります。

プロセス間通信がしたい

Linux上でしか動かないPythonライブラリ

Linux上でしか動かないPythonのライブラリをどうしても使いたいという事案が発生し、Ubuntuを導入して試行錯誤していました。私はWindows環境で育っているので、Windows上でしか動かないアプリへの愛着があり、なんとかWindowsアプリとLinux上のアプリの非同期通信の実現にはどの方法が良いかと試行錯誤していました。

WineとUbuntuアプリとのプロセス間通信は難しい

Linux上でなんとかWindowsアプリを動かすということができるWineというソフトがあります。Wineを使えば、愛用しているWindowsアプリの動作は問題ありません。ただ、共有メモリや、PostMessageのやりとりでLinux上のソフトと通信する方法が難しいようなのです。

たとえば、PythonでWin32APIを呼ぼうと思うと、Wine上で動作するWindows版のPythonを導入しなければなりません。結局、Linux上で動くPythonとの通信にはならないのです。

実際にやりたかったこと

少し回りくどく書いていましたが、実際にやりたかったことはUbuntu上で取得したFXの価格データ(いわゆるTick)をWindows側で取得させたかったのです。

プロセス間通信の実装方法

共有メモリを使う

まず最初に候補に上げるべきは共有メモリです。共有メモリはメモリ管理の基本的な内容さえ理解しておけば完全にコントロールができ、さらに他の選択肢より圧倒的に速いです。ですが、OSをまたいで共有メモリを使うといった方法は非常に難易度が高くなります。

MySQL等のDBを使う

個人的に好きな方法です。何よりもお手軽で、すぐ書けます。DBの方で各環境ごとの呼び出し方法や通信の方法等が用意されているので、開発者はDBに格納するデータの内容だけを考えればよくなります。難点は、遅いところです。速度が求められる通信には、毎回クエリを投げるような処理は向きません。

Socketを使う

DBとの通信にもSocketを使っているのですが、ここでいうのは通信の仕様自体も開発者が設定する方法という意味で紹介しています。Python DocumentationのHowtoにもSocketが高速で人気だと説明があります。

Socketによる通信

Socketによる通信を行う際に、学習したことや実際の動作にて確認したことをご紹介します。

その前に、Python DocumentationのHowtoのリンクを紹介しておきます。必要な情報がコンパクトにまとめられていて、pythonでsocket通信をするなら、読んでおけば躓かないでsocket通信プログラムが作製できるよう書かれているためオススメです。

UDPとTCPの違い

オンラインゲーム等としていると、一度はルーターの設定をする機会があると思います。UDPとTCPという名前はよく耳にしていましたが、どういう違いがあるかということを理解していなかったので、ついでに調べてみました。

TCPはコネクション型で、パケットの順序や欠落を保証しているプロトコル。UDPは、コネクションレス型で、パケットの順序や欠落を保証していないかわりに、負荷が軽く高速に動作するプロトコル。

UDPは投げっぱなしでどういうデータが届いたかというフィードバックを行わない、TCPは届いたデータの確認を行うという形のようです。大容量のデータの送信や、非常に高速な通信が求められる際はUDPを使うといったところでしょうか。もちろん、UDPを使った大容量のデータ送付の際は、別の形でファイルの整合性確認を行う必要があります。

今回はFXのTickデータの送信なので、高速処理も大事ですがそれよりもデータの正確性のほうが大事なのでTCP通信を用いることにします。

Socketはサーバーを立てて、クライアントが接続、acceptされて初めて動作する

上記はサーバーの接続確立コードです。socket.socketでソケットが作製され、bindしてサーバーとして認識され、listenすることでサーバーとして動作します。

acceptメソッドは、clientからの接続があって初めて動作し、接続が確立されます。その後、データを送信したり受信したりできるようになります。

継続して接続を使いたければSO_REUSEADDRを使う

一度確立した接続を1度きりの通信ではなく、ストリーミングのように継続して利用したければ、上記のコードでも紹介したserver.setsockoptメソッドにて、SO_REUSEADDRを有効にしましょう。この辺りの認識には自信がないのですが、SO_REUSEADDR オプションを有効にしておかないと、TIME_WAIT状態が解消されないためソケットの再利用ができないようなのです。

実際に起こる問題としては、recvが指定したバイト数を受信するまで通信を待ち続けてしまうこと、一度送信が終わってから再度データの送信を行おうとすると “Error 10057″が起こって通信ができないことです。

sendしたデータは受信されるまでプールされる

頂いたご指摘より修正しました。ahaha_fxtraderさん、ありがとうございます!
[2014/12/23 14:13修正]
recvされるまで、sendした情報がプールされます。データの送信漏れが起きずに、TCPが信頼できる通信であるという理由の一つのようです。最初は、sendしたデータがrecvされないという現象に出くわしたので、仕様だと思っていましたが、バグだったようです・・・。

作成したサンプルプログラム

ctypesで作成した構造体をクライアントからバイナリで送信して、サーバー側で受信したバイナリを元の構造体に戻すという処理をしています。1000回の通信によるベンチマークもとりたかったので、1000回で処理を終了するようにしています。

tick_struct.py

Tickデータを格納するためのctypes.Structureです。symbol, datetime, bid, askというデータを格納するようにしました。

test_scoket_server.py

受け取ったバイナリをrecv_intoで直接TickStruct構造体に渡しています。実際に受け取った内容を確認したければ、print文のコメントアウトを外してください。ただし、benchmarkが遅くなります。

test_scoket_client.py

Tickデータを送信するクライアントです。起動後、送信する価格(119.82等)を入力してください。

動作結果

1000回のTickStructの通信にかかった時間が得られます。

Githubのレポジトリ

考察と感想

1000回の送受信にかかった時間はたったの0.014秒と確かにsocket通信は高速だということが確認できました。これだけ速いと、1/10,000秒ぐらいの早さでTickが送信されるようなことでもなければ、送信の欠損に関しては気にしないでも良さそうです。なので、受信完了次第、queueで別スレッドで動く価格情報処理プログラムにTickデータを渡すようにすれば、やりたいことは問題なく実装できそうです。

ご参考になれば幸いです!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

References   [ + ]

1, 2, 3. "localhost", 2233

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 52 follow us in feedly

関連記事

重回帰分析による米雇用統計の予測モデルを作成してみる

この記事はPython その2 Advent Calendar 2015 の17日目の記事です。 1 はじめに

記事を読む

Derivatives analytics with Python の学習ノート 1,2章

洋書を読んでいると、いつも読んだ気になってちゃんと理解出来てるか自信がないことが多いので、チャプターごとに要点をまとめ

記事を読む

Python での ポートフォリオの計算

Python でのポートフォリオの計算 ポートフォリオの計算について色々調べてみた。とりあえず使いたいって人はpo

記事を読む

CPP extension vs Cython vs CPython on calculating the mean of numpy array

I'd like to get any feedback to make cython faster like

記事を読む

Python の超お手軽のネットワーク分散コンピューティングライブラリSCOOP

SCOOPとは ssh とPython の設定を適切にするだけで、簡単にネットワーク間での分散処理が実行できる。

記事を読む

no image

stop automatically closeing vim-ipython output with jedi-vim

Even though I commented out the following code in vim_ipytho

記事を読む

ipdb だけではなく IPython.embed も使おう

ipdb だと複数行の挿入ができなかったりするが、その問題が解消される。明らかにこちらのほうが使い勝手がいい。行のデ

記事を読む

no image

vim-ipythonをWindows 7 x64で使うとR6034 が出る件

個人的なただの忘備録。 Visual Studioのコマンドプロンプトから実行すること。 http://st

記事を読む

VimでPythonのIDE 環境を一から構築する

追記 これ見ておいたほうがいいかも。 Vimを最強のPython開発環境にする2 - Λlisue's blog

記事を読む

Call Python/Numpy Function within Metatrader 4

Github Link [bm url="https://github.com/fx-kirin/mt4-nump

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

システムトレードを始める前に知っておきたかったこと

今日の勉強会で発表してきました。nbviewer に共有しておきます。 システムトレードを始め

chmod で やらかしてしまったときの対処法

メモ書きです。 find | xargs とかを普通にやってしまうと、すぐに argument

AMD Ryzen & Nvidia GTX 1080 BTO PC 構成・組立と Ubuntu インストール

まだググっても、構成例とか出てないので参考になるんじゃないかなと。機械学習用ですが、全然ゲーム用

Windows のデスクトップアプリをSSHクライアントから再起動する

シェルスプリクト一発で、システムトレードの設定を一括で更新して、MT4を再起動したいとかそういう

UX21A のディスプレイが壊れたので修理

UX21A のディスプレイがぶっ壊れた。 画面にラインが入ったり、ディスプレイが揺れたりするよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑