Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

Metatrader4 (MT4) を さくら VPS の Ubuntu OS 上で動かす

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 その他

せっかく980円で使えるし、MT4の自動売買以外の用途にも色々万能そうなので導入してみた。
Windowsサーバーも良いけど、Ubuntsuサーバーも捨てがたいですね。

まだ慣れてないLinux操作には手間取りましたが・・・。
何が手間取ったかと言うと、Wineの処理方法です。
僕みたいな方のお役に立てればと、頑張ってHowtoを書いてみます。

サーバーにOSをインストールする

 

    1. さくらインターネットVPSコントロールパネルからOS再インストールを選択する
    2. 「カスタムOSインストールへ」を選択する
    3. 「Ubuntu 10.10 i386」を選択、確認を押してインストールを開始する
    4. VNCコンソール(Javaで別窓で勝手に開くアプリ)が開く(この時、さくらのコントロールパネルは終了までページを移動しないこと)
    5. オンラインマニュアル – カスタムOSインストールガイド : Ubuntu 10.04」に沿ってインストールする

 

UbuntuにWindowsライクな操作ができる用にGUIのUbuntu Desktopをインストールする

 

    1. さくらVPSコントロールパネルの「リモートコンソール」のページを開く
    2. 「VNCコンソールを開く」を押す
    3. インストールの際に設定したログインIDとパスワードを入力
    4. $ sudo tasksel install ubuntu-desktop と入力
    5. 数分待つ。
    6. インストールが終了したら、sudo shutdown -h now と入力
    7. VPSのホームより、サーバ操作で「起動」を押し、ステータスを起動中にする。

 

日本語化

 
12.04の場合は

http://askubuntu.com/questions/131452/software-sources-not-found-in-unity-dash-search

    1. さくらVPSコントロールパネルの「リモートコンソール」のページを開き、「VNCコンソールを開く」を押す
    2. 前回と違い、Ubuntuのデスクトップ画面が表示されるので、ログインする
    3. System -> Administration -> Software Sourcesを開く
    4. Download Fromのコンボボックスをクリックして、「Others」を選択
    5. Japanのツリーの中の「ubuntutym.u-toyama.ac.jp」以外を選択し、閉じる
    6. 次に、System -> Administration -> Languageを開く
    7. Install/Remove Languages..の中で、Japaneseを選択
    8. リストボックスに「日本語」と「日本語(日本)」が追加されるので、それらをドラッグして「日本語(日本)」を1番上に、「日本語」を2番目に移動させる
    9. ウィンドウ(Language & Text)を閉じて、右上のボタンよりRestartを選択すると、言語が日本語になる。

 

リモートデスクトップ接続できるようにする

 

Windowsからリモートデスクトップ接続で繋げるようにしておきたいですよね。
その説明です。
さくらのVNCより速いと思う。

f:id:pgkireek:20111030010608j:image

    1. システム -> 設定 -> リモート・デスクトップ をクリック
    2. 上の画像のように設定し、閉じる
    3. UltraVNCをインストールする(インストールする際、ビューワーモードのみの選択でOK)
    4. スタートから「VNC ビューワー」を起動
    5. VNCサーバーの欄に「[あなたのIPアドレス]::5900」と入力し、接続を押す
    6. パスワード確認画面が表示されるので、入力すればログイン完了

 

Wineをインストールする

 

UbuntuでWindowsアプリを使うには、Wineというエミュレータが必要なのでインストールします。

    1. アプリケーション -> Ubuntuソフトウェアセンターを開く
    2. 右上の検索ボックスで wine と入力
    3. Wine Microsoft Windows Compatibility Layerというソフトが表示されるので、インストールをクリック
    4. しばらくすると、インストールが完了する
    5. インストールが終わったら、ALT+CTR+Tを押してターミナルを開く
    6. “sudo rm -rf ~/.wine”と入力して、sudoコマンドを実行*1

 

MT4起動用のDLL「mfc42.dll」を入手

 

    1. mfc42.dll をダウンロード
    2. アプリケーション -> Wine -> Browse C: Drive を選択
    3. Windows -> system32 にダウンロードしたmfc42.dllをコピー

 

MT4をインストール

 

    1. 導入したいMT4をダウンロード
    2. ダウンロードしたインストラーのプロパティを開き、アクセス権タブの「実行: プロクラムとして実行できる(E)」にチェック
    3. もう一度MT4のインストラーで右クリックして、「Wine Windows Program Loaderで開く(O)」を選択
    4. インストールしたら終了

 

お疲れ様でしたっ!*2

[追記]

再起動時にVNCでログインしようとした際に表示される「ログイン用キーリングではロック解除できませんでした。」を回避する

 

    1. アプリケーション→アクセサリ→パスワードと暗号鍵
    2. パスワード:loginを右クリック
    3. パスワードの変更をクリック
    4. 現在のパスワードのみを入力し、OKを押す。
    5. ほんとうによいか聞かれるがOKにする。
    6. 煩わしい画面がでなくなります。

 

お好みで、システム -> 設定 の「自動起動するアプリ」にMT4を追加したりしてもいいんじゃないでしょうか。

*1:これを知らなかったので、ものすごく時間を費やしました・・・。wine自体がrootの所有になってしまっていたのが原因です。”wine is not owed by you”

*2:今後の課題は、再起動時のリモートデスクトップ接続の自動承認です・・・

[自分メモ]
■ファイヤ

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 63 follow us in feedly

関連記事

no image

安値ベース下位線・高値ベース上位線のボリンジャーバンド作成

お久しぶりです。キリンです。 新しく作成したインジケータのご紹介です。 ボリンジャーバンドの上位線はすべて高値ベースで算

記事を読む

no image

取引履歴を元にトレードの結果をチャート表示するインジケータのご紹介

おはようございます。キリンです。 MT4以外でトレードした結果を、MT4のバックテストみたいにヴィジュアルで把握できるよ

記事を読む

no image

Android Widget の開発にてEclipseでデバッグするには・・・

How To Debug Android Widgets通常のAndroid Appではeclipseの虫ボタンを押

記事を読む

no image

招きねこさんによる無料EA配布!

こんばんは!キリンです。 今日は、私の親友の招きねこさんを紹介させていただこうと思います。 招き猫さんはブログで自らの手

記事を読む

no image

チャートの有用性

ちょっと内容が複雑になってきて、 短文ではまとめられなくなってきました。 んー、それでも頑張って書いてみます。 今回のお

記事を読む

no image

11/1のFXの成績

趣味でFXをしているので、その成績を今日からまとめていきたいと思います。そのぐらいしないと、資金管理なんてできないよ

記事を読む

no image

オプション向け 指定時間よりX分ごとにアラートを鳴らすソフト

外為オプションするなら、これがあると便利。使い方は説明不要だと思う。http://www.vector.co.jp/

記事を読む

no image

自分への一言。(メモ)

ユーロ円は勝てそうにない。色々やったけど、基本的に成績が他の通貨より落ちる。

記事を読む

no image

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。昨年は数々の苦と遭遇してしまう年となってしまいましたが、それらは今年から乗り越え

記事を読む

no image

ストップ狩についてのご紹介

http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/kikaku/nazo&a

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Windowsユーザ御用達の uci.edu から直接python wheelをインストールしてくれるライブラリ pipwin

あんまり情報が出てこないのでメモ書き。 https://twitter.com/fx_kiri

Python2 から Python3 へのC Extension の移行

最初に追加 モジュールの初期化と状態情報を書き換える initmyextension 関

Interactive Brokers 証券の Python API を利用する

Interactive Brokers 証券とは 日本には珍しく自動売買プラットフォームが提供され

Python Pandas からお手軽に highcharts が使える kanichart 作りました。

Kanichart fx-kirin/kanichart: Easy(簡易) plotting

Python 2, Python 3 で更新したファイルを調べてreloadするパッケージを作った。

pdbでのデバッグにはreload機能がない IPythonには優秀なautorelaod機能

→もっと見る

PAGE TOP ↑