Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

dovecotの設定

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 その他

http://www.kazutoyo.com/ubuntu/?page_id=391

sudo apt-get install dovecot-mysql

SSLの設定
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

# SSL/TLS support: yes, no, required.
ssl = yes ← #のコメントアウトを外します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#ssl_cert = </etc/ssl/certs/dovecot.pem  #を付けてコメントアウトします
#ssl_key = </etc/ssl/private/dovecot.pem  #を付けてコメントアウトします
ssl_cert = </etc/ssl/Server/cert.pem  ← 追加します ”<” は消さないでください
ssl_key = </etc/ssl/Server/mail.pem  ← 追加します ”<” は消さないでください

メールボックスの指定
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

IPv4 のみを有効にする
sudo gedit /etc/dovecot/dovecot.conf

#listen = *, ::
listen = * ← 追加します

mysqlの設定
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/auth-system.conf.ext

#passdb {  ← #でコメントアウトします
#driver = pam  ← #でコメントアウトします
# [session=yes] [setcred=yes] [failure_show_msg=yes] [max_requests=<n>]
# [cache_key=<key>] [<service name>]
#args = dovecot
#}  ← #でコメントアウトします

代わりに以下を追加します

passdb {
driver = sql
args = /etc/dovecot/dovecot-mysql.conf
}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

# userdb { ← #でコメントアウトします
# <doc/wiki/AuthDatabase.Passwd.txt>
# driver = passwd ← #でコメントアウトします
# [blocking=no]
#args =
#} ← #でコメントアウトします

代わりに以下を追加します

userdb {
driver = sql
args = /etc/dovecot/dovecot-mysql.conf
}

DB読み出し設定ファイルの作成
sudo gedit /etc/dovecot/dovecot-mysql.conf

driver = mysql
connect = host=localhost dbname=postfix user=postfix password=******** ← パスワードです
default_pass_scheme = PLAIN
password_query = SELECT password FROM mailbox WHERE username = ‘%u’ AND active = ‘1’
user_query = SELECT concat(‘/home/virtual/’, maildir) as home, 10000 as uid, 10000 as gid FROM mailbox WHERE username = ‘%u’ AND active = ‘1’

設定が終わったら再起動
sudo service dovecot restart

FWの有効化

sudo ufw default deny
sudo ufw enable
sudo ufw allow ssh
sudo ufw allow ftp
sudo ufw allow http
sudo ufw allow https
sudo ufw allow 25
sudo ufw allow 110
sudo ufw allow 143
sudo ufw allow 587
sudo ufw allow 3306
sudo ufw allow 5900
sudo ufw allow 10022
sudo ufw reload

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 63 follow us in feedly

関連記事

no image

【コラム】ギリシャ問題を語る

こんばんは!キリンです。 来月の引越しの際、自分の住むコーポの人たちに、 「引っ越してきましたキリンです」 の挨拶と粗品

記事を読む

no image

MT4用のWindowsアプリを公開しているブログ

こんばんは.キリンです。 この人すごい!と思ったので紹介させていただきます。 すでに有名なのかもしれません・・・ Par

記事を読む

no image

移動平均線を用いたExpertAdvisorの作成

こんばんは。 一通りの勉強が終わったため、 簡単なExpertAdvisorの作成に取り掛かってみました。 やはり一筋縄

記事を読む

no image

ポジションのないInteractive Brokersより強制決済(ロスカット通知)のメールがあった

こんばんは。Kireekです。久しぶりに真面目なFXネタ。いつもは口座の資金情報くらいしかメールのこないIBさんから

記事を読む

no image

デバッグ時に特定のメソッドが呼び出された時のそのメソッドの場所を調べる。

module function Kernel.#set_trace_funcは超便利。http://doc.okke

記事を読む

no image

システムトレードの勧め

FXをやっている人がよく言い聞かせることがあります。 「自分のルールを守るんだ」 それを破ってしまうときというのは、 大

記事を読む

no image

【ブレイク対策完了】1年で資産5倍に。

ちょっと前にアップロードしたEAですが、 改良を加え、ブレイク対策をほどこしたところ ロット数1で、 資産5倍にすること

記事を読む

no image

ホームページ作成中!

こんばんは! 今回はほんとただの日記です! 読み流してやってください。 依頼された関係で、HPの作成を必死になってやって

記事を読む

no image

Sakura VPS に Ruby on Rails3 を入れる。

またやることになったのでまとめておく。ruby-1.9.2-p290.tar.gz をDL&解凍解凍したディレクトリ

記事を読む

no image

オープンソースEAの検証ブログのご紹介

こんばんは。キリンです。 マネーの猿さんが僕のブログのTradeTesterをご紹介してくださっていたので、 アクセス履

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Windowsユーザ御用達の uci.edu から直接python wheelをインストールしてくれるライブラリ pipwin

あんまり情報が出てこないのでメモ書き。 https://twitter.com/fx_kiri

Python2 から Python3 へのC Extension の移行

最初に追加 モジュールの初期化と状態情報を書き換える initmyextension 関

Interactive Brokers 証券の Python API を利用する

Interactive Brokers 証券とは 日本には珍しく自動売買プラットフォームが提供され

Python Pandas からお手軽に highcharts が使える kanichart 作りました。

Kanichart fx-kirin/kanichart: Easy(簡易) plotting

Python 2, Python 3 で更新したファイルを調べてreloadするパッケージを作った。

pdbでのデバッグにはreload機能がない IPythonには優秀なautorelaod機能

→もっと見る

PAGE TOP ↑