Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

チャーチストへの夢 part2

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 その他

おはようございます。キリンです。

ブログのタイトルでもある「チャーチスト」ですが、
チャートだけで分析を行っていく人のことです。
チャーチストになるためには、自分の手法をより理論だてる必要があり、
システムトレードとかなり近い部分があります。

では、昨日の続きをお話します。
システムトレードでも勝てるならそれでいいじゃないか。
と僕も思います。実際、システムトレードの中には勝てる要素が多く眠っています。
しかし、一日の利益率が低いのです。
普遍的に勝つために多くの相場では取引を避けてしまいます。
そのため、トレード回数はおのずと減ってしまう。
僕みたいな若造には、元金が少ないので、
システムトレードだけで生活していくには非常に厳しいです。
だからこそ、裁量で勝っていきたいと思うわけです。
裁量で勝てた後、システムに移行していきたい。
色々なシステムトレードを検証してきた上で、
裁量で勝つためにはどうすればいいかと悩みました。
結局、トレンドに乗っかることが一番いい気がします。
5分足や細かい時間足になると、不確定要素が多すぎて、
安定して勝つのは難しい。
(勝っている人がいるのは知っています…orz
 ただ、僕には合わないと思っているだけです。)

そのトレンドに乗っかるという考え方自体が、一般的なテクニカル分析から少し離れたところにありますし、
世界情勢とか、相場観とかが影響してくる部分になります。
そこで「見た目」とか各種ラインが活きてくる気がしてるのです。
市場はランダムに移動しているということが本当だとすれば、
レジスタンスやサポートが守られることはまずないですよね。
それが勝てる要素な気がします。
当分検証を続けていきます。
ひょっとしたら、今日考えていたことが明日なくなっているかもしれません^^;
今日もお読みいただきまして、ありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 63 follow us in feedly

関連記事

no image

シンプルイズザベスト!

おはようございます。キリンです。 システムトレードはシンプルがいい と結構聞きます。 システムトレードの検証をしてると、

記事を読む

no image

システムトレードの勧め

FXをやっている人がよく言い聞かせることがあります。 「自分のルールを守るんだ」 それを破ってしまうときというのは、 大

記事を読む

no image

決済されたかを確認する。

おはようございます。 今日はOK牧場で見つけた質問です。 例えば95円で売り注文、ストップロスが「95+0.6」,決済値

記事を読む

no image

11/4 取引結果

<colgroup> </colgroup>バイナリオプション日付曜日取

記事を読む

no image

High_Low v2 (ZigZag)のバーが出るタイミング

こんばんは!キリンです。 今ドラマ見てたら良いセリフ聞きました。 単調な仕事をする町工場に社員として働き出した新社会人

記事を読む

no image

Win7でWindowsタスクバーで結合せずにラベルを非表示にする方法

http://lanif.blog6.fc2.com/blog-entry-329.htmlみなさん、考えることは同

記事を読む

no image

移動平均線を用いたExpertAdvisorの作成

こんばんは。 一通りの勉強が終わったため、 簡単なExpertAdvisorの作成に取り掛かってみました。 やはり一筋縄

記事を読む

no image

ドル円が82円切りましたね。

【訂正】ドル円は81円82円切りましたね おはようございます。キリンです。 TradeTester、初めてのご寄付をいた

記事を読む

no image

11/11, 11/12 運用履歴

<colgroup> </colgroup>バイナリオプション日付曜日取引

記事を読む

no image

kconvを使っても文字化けするとき。

「㎡」がtosjisで文字化けしてしまった。そんな時は とかを使うと良いhttp://d.hatena.ne.jp/

記事を読む

Comment

  1. 招きねこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    裁量も深い話になってきましたね~。。
    単純に5分足でトレードしてる人から日足のみでトレードしてる人まで(銀行系では4時間足メインが多いと聞きます)その足によってポイントになる場所が存在するので複雑な動きをして当たり前だと思ってますよ^^
    資金力があれば、ストップをたっぷり取ってトレンド中のどこでエントリーしても儲かると思います。
    資金力がないからこそ(ほとんどの人がそうですが・・)ストップを浅くしなくてはいけないのでトレードが難しいものとなってるのでしょうね。
    部長の仰る通り、羨んでもしょうがないので突き詰めていくしかないのでしょうね。。
    話は変わりますが、「TradeTester」の記事を書かせて頂きました。
    宜しくです('-^*)/

  2. yua より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご無沙汰してます!
    頑張ってますなぁ!!!お疲れ様です!
    testerツール使わせて頂きますね!
    私もいつか!チャーチストになりたいぞぉ!!!
    それではまた!!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >招きねこさん
    お言葉ありがとうございます。
    検証を重ねてバックテストではなんとか成績が出せるようになってきました。
    自分でやればおのずと結果が出てくる気がします。
    ご紹介ありがとうございます^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >yuaさん
    相場観も必要だと思うんですが、
    恒等的に通用する可能性を秘めているのは
    チャーチストだけだと思うんですよね。
    ご愛好いただければ幸いです^^
    お互い頑張りましょう!
    よろしくおねがいしまーす!

  5. tommy より:

    SECRET: 0
    PASS:
    為替はあるタイミングだけはシステムトレードでは勝てないですね。別の人に分からせる必要はないのでポイントは書かなくて結構です。
    で、そのポイントが非常に重要なんですね。
    これがシステムトレードを殺しています。
    特定の取引値の変化を追って、全てに対応できるわけなどなく、やはりそこには人が介在する余地があるんだと思いますよ。
    それも含めたロジックを構築するのはロマンですね。
    完全自動運用があまりにも怖いので、私はmt4に移行できずにいます。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >tommyさん
    完全自動売買でなくても、チャート分析ツールとしてもMT4はかなり有効だと思います^^
    tommyさんのおっしゃるように裁量でしか判断できないところに、勝てる要素っていうのは眠っている気がするんですよね。
    今日もコメントありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Python Pandas からお手軽に highcharts が使える kanichart 作りました。

Kanichart fx-kirin/kanichart: Easy(簡易) plotting

Python 2, Python 3 で更新したファイルを調べてreloadするパッケージを作った。

pdbでのデバッグにはreload機能がない IPythonには優秀なautorelaod機能

Python での Log 収集

プロジェクトが大きくなるにつれて、プログラムの不備を見つけるのにログの構成、ログデザインを考える

Flast-Sockets + redis-py で簡単 Websocket サーバー実装

参考にしたサイト Using WebSockets on Heroku with Python

Rust で Python の拡張ライブラリ作成 と numpy との性能比較

この記事は Python Advent Calendar 5日目の記事です。遅れてすみません。

→もっと見る

PAGE TOP ↑