Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第30回 決済スプリクトの作成(3)

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

おはようございます。キリンです。
今回は記念すべき第30回ですね!
開始当初から考えると思ったより速いペースでの達成です。
頑張って続けていきますので、
応援よろしくお願いします。


第30回 決済スプリクトの作成(3)

■OrderCloseの使い方
■発注スプリクトのまとめ
■OrderCloseの使い方
前回までの講義で、決済スプリクトのチケットナンバーの取得まで行うことができました。
今回はチケットナンバーを使ったOrderCloseの説明を行います。
▼OrderClose(ticket, OrderLots(), OrderClosePrice(), Slippage, Red);
第一引数はticketです。
これを呼び出すためにOrderSelectを行ったといっても過言ではありません。
OrderSelect⇒(MAGIC, SYMBOLの確認)⇒OrderTicket()
の流れですね。
第二引数はOrderLots()です。
これはOrderSelect()で選択したポジションのロット数を返します。
「ポジションを全て決済します」という意味ですね。
第三引数はOrderClosePrice()です。
これは基本的には、決済が終了したものに対して扱う関数のようですが、
実はオープンポジションの場合は注文形式によってAskとBidを返してくれるという
便利な関数になっています。
SlippageとRedはスリッページと決済時の矢印の色です。
■決済スプリクトのまとめ
OrderTotalとOrderSelectで全ポジションの確認を行い、
OrderMagicNumberとOrderSymbolでマジックナンバーとシンボルが一致するものを取り出す。
そして、OrderTicketでその一致したもののチケットナンバーと取り出し、
最後にそのチケットナンバーを用いてOrderCloseをする
というのが一連の流れでした。
ご理解いただければ幸いです。
次は、これらを使うためにサブルーチンの説明に入りたいと思います。
EA製作まではもう少しです!
がんばりましょー!
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 64 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第23回 ボリンジャーバンドのおさらい(2)

こんばんはっ!キリンです。 平日に私服で電車に乗っているのが非常に違和感を感じます。 でも、脱サラしたんだなっという感無

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第18回 インディケーターを色々いじってみよう

こんばんは!キリンです。 今日の名言 「日々、常に何か新しいことを学習し身につける。  それを繰り返すことによって、新し

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第27回 発注スプリクトの作成(3)

こんにちは!キリンです。 今日、ついに大阪の地に降り立ちました。 5年ぶりの大阪。あの頃とはまったく気持ちが違いますね。

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第26回 発注スプリクトの作成(2)

おはようございます。キリンです。 昨日は招き猫さんに来ていただいて、 引越しを手伝っていただけました。 だけと肝心の準備

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第25回 発注スプリクトの作成

おはようございます。キリンです。 今日から引越しの準備です。 今週はあまり仕事が進んでないです・・・。 引越しの準備とか

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第32回 発注スプリクトをサブルーチン化する(1)

おはようございます。キリンです。 昨日、半年振り以上にバスケをしてきました。 今日の筋肉痛はやばいです(w サラリーマン

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第39回 ブレイクアウトシステムのEAの最適化をやってみよ

こんばんは!キリンです。 今日は最適化をしてみます。 簡単に成績がいいものができてしまうので、 成果が出たときは非常に嬉

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第19回 ボリンジャーバンドを作ろう(1)

こんばんは!キリンです。 気づいたら本格的なプログラムを扱っている状態にまで、 この講座も進んでこれたのですね。 私とし

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第7回 インディケーター表示のために

没になった回です。 内容が雑なため、第8回へ移動していただければと思います。 興味のある方はご覧いただければと思います。

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第16回 インディケーターの実働部分

こんばんは。キリンです。 先ほどHey!Hey!Hey!の大阪の歌特集をやっていました。 Dreams Come Tru

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

VMWare Player をヘッドレスモードで使う。

[bm url="http://www.ryanchapin.com/fv-b-4-713/Ru

swig で foofunction is private と怒られた時。

例えばのエラーとしてはこれ。 問題は、公開する予定のクラスのpublicインスタンス変数にpr

DictCursor に AttrDict を指定する

Python requests に DefaultTimeout を設定する

Pythonコード 参考リンク [bm url="https://stackoverflow

Python Mock で オリジナルのインスタンメソッドのを呼びたい時

autospec と sideeffect を組み合わせるのが解決策だった。

→もっと見る

PAGE TOP ↑