Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

Androidのステータスバーに秒数表示を追加する方法

公開日: : Android, Nexus5, カスタマイズ , , ,

2014-11-16 00.01

FXや株のトレードをしていると秒単位で時間を確認したいことってよくありますよね。経済指標の発表や、決算の発表、政府要人の講演、議事録の発表等に準備するためには、やはり秒数表示は必須でしょう。私の場合は、仕事用デスクには電波時計を据え置いて入るのですが、出先などでどうしても見れない時などにはAndroidの端末にも秒数表示があれば便利というもの。

というわけで、今日はAndroid 4.4 Kitkatにステータス秒の秒数表示を入れる方法のご紹介です。

Androidのステータスバーに秒数表示を追加

方法としては新規アプリのインストール、もしくはSystemUI.apkの書き換えの2通りがあります。

もちろん新規アプリのインストールによる導入がとても手軽で便利なのですが、秒数の表示位置が本来の時計の場所とは違った場所に表示されてしまい、見栄えもよくありません。また、別で新しくプロセスを常時立ち上げすることになるため、バッテリーの持ちにも多少なり影響をしてしまうため、個人的にはSystemUI.apkの変更による秒数の追加をオススメします。

アプリのインストールで追加

SystemUI.apkの書き換えによる追加

※この作業はRoot化を必須とし、初心者向けの作業ではありません。しっかりと理解して、問題があった時に自分で解決できる方のみ行っていただくようお願いします。

筆者環境

作業する前にバックアップを

当然ですが、TWRP等でROM全体のバックアップを取っておいてください。

SystemUI.apkを取り出す

使用しているOSのSystemUI.apkを取り出します。取り出しには、「Apk Share & Backup」があると便利です。

framework-res.apkを取り出す

使用しているOSのframeworkのapkを取り出します。Nexus端末の場合はframework-res.apkになります。筆者環境では、/system/frameworkディレクトリにありました。取り出しにはRoot Explorer等を使って取り出してください。

Apktoolの入手

上記サイトより、Windows用のApktoolスクリプトを入手します。

リンクがわからない人は、2014/11/15時点での下記リンクを利用してください。

apktool.jarファイル
apktool.batファイル

ダウンロードしたファイルを解凍し、上記2つを同じディレクトリ上に保存します。apktool_2.0.0rc2.jarはapktools.jarファイルにリネームします。

SystemUI.apkとframework-res.apkをapktoolsファイルと同じディレクトリにコピーします。

Apktoolを使ってデコンパイルする

保存したディレクトリ上でSHIFTボタンを押しながら右クリックします。

WS000232
「コマンドウィンドウをここで開く」を選択します。

コマンドウィンドウに上記コマンドを入力してエンターキーを押します。これで、フレームワークが適応されてSystemUI.apkのデコンパイルができるようになります。

コマンドウィンドウに上記コマンドを入力してエンターキーを押します。

WS000233
デコンパイルが終了したら、先ほどのディレクトリ上に「SystemUI」フォルダが作成されています。

statusbar.xmlを編集

SystemUIのフォルダから、res/layoutと移動し、statusbar.xmlを編集します。

19行目辺りの上記の内容が記載された行を

と変更します。既存の時計の表示をなくす処置です。[※1]本来であれば、テキスト自体を消去してしまいたいところなのですが、消すとなぜかSystemUIが正常に動かなかったための処置です。

先ほど、変更を加えた行のすぐ後ろに以下の行を追加します。

format…という引数で表示フォーマットを指定できます。興味のある方は、下記リンクをご参照ください。

Apktoolを使って再コンパイルする

先ほどのコマンドラインに戻り、上記コマンドを実行します。

上記コマンドで、buildフォルダとdistフォルダが作成されます。

この時点でコンパイル自体は一度終了するのですが、できたapkファイルにはマニフェスト等が不足していてちゃんと動かないらしいので、元のファイルからそれらのファイルを追加する必要があります。

元のSystemUI.apkファイルを7zipやWinRARなどのソフトでZIPファイルとして閲覧、もしくは展開します。

開けるとすぐにAndroidManifest.xmlとMETA-INFフォルダがあるので、それを再コンパイルして先ほどコンパイルして作成したbuildフォルダ下のapkフォルダ内にコピーします。

再度上記コマンドを実行します。

変更したSystemUI.apkに置き換える

distフォルダ化に再コンパイルしたSystemUI.apkファイルが作成されているので、それをRootExplorer等で、Androidのsystem/priv-app下にコピーして、Androidを上書きすれば完了です。もしくは、自前のFlushable Zipを作成して上書き処理しましょう。

お疲れ様でした!明日はStatus BarのExtended内の時計に秒数表示を追加する方法をご紹介します。

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

References   [ + ]

1. 本来であれば、テキスト自体を消去してしまいたいところなのですが、消すとなぜかSystemUIが正常に動かなかったための処置です。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 51 follow us in feedly

関連記事

no image

Fastbootで waiting for deviseと表示される時。

ノートン先生のFW外すんだっ!http://androidlover.net/smartphone/galaxynex

記事を読む

Notification drawer欄の時計に秒数表示を追加する方法

昨日の記事への追記で、Statusbarから下へフリックした時に表示されるNotification drawer欄の

記事を読む

How to fix invisible problem of ColorDict.

Do not use .dict.dz files I encountered the problem w

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

システムトレードを始める前に知っておきたかったこと

今日の勉強会で発表してきました。nbviewer に共有しておきます。 システムトレードを始め

chmod で やらかしてしまったときの対処法

メモ書きです。 find | xargs とかを普通にやってしまうと、すぐに argument

AMD Ryzen & Nvidia GTX 1080 BTO PC 構成・組立と Ubuntu インストール

まだググっても、構成例とか出てないので参考になるんじゃないかなと。機械学習用ですが、全然ゲーム用

Windows のデスクトップアプリをSSHクライアントから再起動する

シェルスプリクト一発で、システムトレードの設定を一括で更新して、MT4を再起動したいとかそういう

UX21A のディスプレイが壊れたので修理

UX21A のディスプレイがぶっ壊れた。 画面にラインが入ったり、ディスプレイが揺れたりするよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑