Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

高度なテスティングテクニック

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 Ruby, Ruby ベストプラクティス

モックとスタブを使う

モック

モックオブジェクト (Mock Object) とは、ソフトウェアテスト時、特にテスト駆動開発、ビヘイビア駆動開発における代用の下位モジュールスタブの一種。スタブと比較して、検査対象のモジュールがその下位モジュールを正しく利用しているかどうかを検証するのに使われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

スタブ

スタブ (stub) とは、複数のモジュールからなるコンピュータプログラムの検査(ソフトウェアテスト)時における下位モジュールの代用品のこと。元々の意味は、切り株のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%96

まとめ
  • モックとスタブは、適切なやり取りや動作を検証しつつ、テストから外部への依存関係をなくすのに使える
  • スタブは、ある機能を事前に用意された結果を返すように置き換えて、他のコードのテストを簡単にするために使われる
  • モックは、テストのために外部リソースの代わりになるオブジェクトを作るために使われる。モックオブジェクトには期待される応答が用意され、テストが実行された時には、その応答が実際になされたかどうかを検証する。これはmy_obj.should_receive(:foo).onceのようなものがあり、my_objで決してfooが呼び出されないなら、テストは失敗するということを意味する。これがモックとスタブの大きな違い。
  • 複雑な出力をテストするときには、あなたが生成する出力フォーマットをパースするツールを見つけて、その結果に対してテストを書くことが最善の方法だ
  • もしかなり労力をかけないと生成したデータをパースできないなら、期待される出力をファイルに格納しておき、必要に応じてそのファイルをテストに読み込ませて、diffユーティリティを使って期待される出力と実際の出力を比較することを検討しよう
  • Nokogiriは、たいていのXMLフォーマットに対してドキュメントをパースして簡単に検索できるようにする機能がある。
にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 63 follow us in feedly

関連記事

no image

CSVファイルをクォーテーションでくくる。

rubyでcsvを作る時にカラムをダブルクォートでくくったり、くくらなかったりhttp://kingyo-bachi.b

記事を読む

no image

Win32 API呼び出し時の型の指定

Win32API.new(dllname, proc, import, export) DLL dllname

記事を読む

no image

ActivemqにStompを使ってメッセージキューを送ると・・・

destinationに/queue/***と指定すると、Queueとして扱われる。activemp-cpp側はQu

記事を読む

no image

Ruby on Rails を Radrails on Eclipse で動かすとターミナルの表示がバグる

Aptana Studio 3のスタンドアローン版を使えば直るAptana StudioのServerを使いたければ、

記事を読む

no image

Pryが便利らしい。

インストールとか使い方とかはこちら。http://blog.kiftwi.net/2012/03/20/summary

記事を読む

no image

別ウィンドウをForegroundにする

win32apiの実装は他でやってますです・・・。普通にSetForegroundWindowをするだけだと失敗する

記事を読む

no image

ActiveRecordのカラム名でtypeはダメらしい。

typeとやっていたら怒られました。また、whereを使えばActiveRecordクラスの配列が返るので、配列を指定

記事を読む

no image

Rubyでwin32oleを使えば、IEだって操作できちゃうとかそういう話。

http://d.hatena.ne.jp/takuya_1st/20091221/1261364439

記事を読む

no image

test/unitを使おう

http://doc.ruby-lang.org/ja/1.9.2/library/test=2funit.html

記事を読む

no image

run rake task in controller

http://railscasts.com/episodes/127-rake-in-background

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Python Pandas からお手軽に highcharts が使える kanichart 作りました。

Kanichart fx-kirin/kanichart: Easy(簡易) plotting

Python 2, Python 3 で更新したファイルを調べてreloadするパッケージを作った。

pdbでのデバッグにはreload機能がない IPythonには優秀なautorelaod機能

Python での Log 収集

プロジェクトが大きくなるにつれて、プログラムの不備を見つけるのにログの構成、ログデザインを考える

Flast-Sockets + redis-py で簡単 Websocket サーバー実装

参考にしたサイト Using WebSockets on Heroku with Python

Rust で Python の拡張ライブラリ作成 と numpy との性能比較

この記事は Python Advent Calendar 5日目の記事です。遅れてすみません。

→もっと見る

PAGE TOP ↑