Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

AMD Ryzen & Nvidia GTX 1080 BTO PC 構成・組立と Ubuntu インストール

公開日: : その他 , , ,

まだググっても、構成例とか出てないので参考になるんじゃないかなと。機械学習用ですが、全然ゲーム用にも転用できる仕様になっています。

システムトレードの最適化用PCの追加

自前で4 core cpu 4台でいつもバックテストしているのですが、それでは計算が追いつかなくなってきたので、追加でパソコンを購入する必要が出てきました。そのタイミングで Ryzen が発表されたので、早速購入。

構成例

GTX 1080とRyzen以外は極力、最低価格に抑えました。

8 core の Ryzen です。

GTX 1080 は外せない。

マザーボードは将来的にGPUを2台にするかもしれないため、拡張性を考えて選びました。

安めの箱。

650W と余裕を持たせつつ、80PLUS SILVERを満たすもの。

今後の拡張を考えて16GB/枚のメモリで。

SSD はとりあえず525GBにしました。

黒透には上部にオプションのファンがあるので。

購入価格は私の場合は16万円ほどでした。

組み立て

マザーボードの取説を念入りに読みながら組み立てます。黒透には取説がないので、どのネジを使えばいいかがわからないのが難点ですが、マザーボードの取り付けには小さい方のネジを使えばいいということだけわかればほかは間違えないはずです。

Ryzen 1700 はグリス塗布済み

Ryzenのマニュアルにはグリス塗布の記載がないことから購入元に問い合わせたところ、すでに塗布済みなので、CPUとCPUクーラーの間にはグリスは不要とのこと。

GPU GTX 1080 には 6 pin と 8 pin の両方をつなぐ

両方繋がないと、ちゃんと動かないらしいです。

Ubuntu をインストール

Ubuntu 日本語版 16.04 の Live USB を使い、英語版をインストールしました。

今回のケースでは、GTX 1080 しかGPUがないため、なんとかして GTX 1080 で画面出力してインストールしなければなりませんが、通常の Ubuntu Live CD/USB ではドライバが対応していないため、画面が出力できません。なので、nomodesetオプションを使います。

設定方法は上記リンクが詳しいですが、grubの画面で e を押して、quiet splash の前に nomodeset を加えて F10 を押せば動くはず。

初回の起動

前述のドライバの問題からGRUB を起動させなければちゃんと動かないので、SHIFT + ESC 連打でGRUBを起動させます。advanced settings … から前回同様に nomodeset を追加して起動。

LAN インストール

LANのドライバが対応していないため、自前でインストールする必要があります。以下から入手して autorun.sh を起動してインストールしてください。

Linuxの”LINUX driver for kernel up to 4.7″ を入れました。

nameserver の設定

Ubuntu 16.04 では、nameserver を自分で設定しないとちゃんとURLの名前を解決してくれません。まずはそれをします。

上記コマンドで一発で解決。

とりあえずアップデート

やっとインターネットに繋がるようになったのでアップデートしておきます。

NVIDIA GTX 1080 のドライバをインストール

上記コマンドで一発で解決。

お疲れ様でした!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 58 follow us in feedly

関連記事

no image

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。昨年は数々の苦と遭遇してしまう年となってしまいましたが、それらは今年から乗り越え

記事を読む

no image

時間を区切って色を付けるインジケータ

おはようございます。キリンです。 裁量のバックテストや検証をするときに、 時間がいつなのかを線を引いてやるのは大変ですよ

記事を読む

no image

11/18 11/19 運用結果

<colgroup> </colgroup>バイナリオプション日付曜日取

記事を読む

no image

11/8 運用履歴

特に面白くもない、運用履歴です・・・ドル円さんに振り回されてます。<colgroup>

記事を読む

no image

rails undefined method ***_path class

普通にmodelをgenerateしただけでは、form_forメソッドは使っちゃダメ。scaffordしたら使える

記事を読む

no image

uninitialized constant Rake::DSL rails 3.2.1

なんかあちこちで rake-0.8.7 を使えという記述を見てきましたが、全然動かなかった。rake 0.9.2.2

記事を読む

no image

Windows環境ではRuby1.9.3にはruby-debug19が入らない?

Ruby1.9.2でやればすんなりと出来ました。RadRails上でのデバッグもバッチリ。1.DevKitを入れる2

記事を読む

no image

デバッグ時に特定のメソッドが呼び出された時のそのメソッドの場所を調べる。

module function Kernel.#set_trace_funcは超便利。http://doc.okke

記事を読む

no image

一時休止します・・・

こんにちは。キリンです。 最近MT4より他のプログラミングをすることが多く、 MT4を触ることが少ないのでネタが書けませ

記事を読む

no image

ActionView::Template::Error (application.css isn’t precompiled):

productionで起動するとキャッシュの作成がまったく行われないから、手動でやってやる必要があるということだけ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Flast-Sockets + redis-py で簡単 Websocket サーバー実装

参考にしたサイト Using WebSockets on Heroku with Python

Rust で Python の拡張ライブラリ作成 と numpy との性能比較

この記事は Python Advent Calendar 5日目の記事です。遅れてすみません。

システムトレードを始める前に知っておきたかったこと

今日の勉強会で発表してきました。nbviewer に共有しておきます。 システムトレードを始め

chmod で やらかしてしまったときの対処法

メモ書きです。 find | xargs とかを普通にやってしまうと、すぐに argument

AMD Ryzen & Nvidia GTX 1080 BTO PC 構成・組立と Ubuntu インストール

まだググっても、構成例とか出てないので参考になるんじゃないかなと。機械学習用ですが、全然ゲーム用

→もっと見る

PAGE TOP ↑