Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第26回 発注スプリクトの作成(2)

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

おはようございます。キリンです。
昨日は招き猫さんに来ていただいて、
引越しを手伝っていただけました。
だけと肝心の準備するものがあまりない!!
1時間そこらで終わってしまいましたが、
お会いしてお話していたことが非常に楽しかったです。
明日大阪に引っ越します。
大阪までどうやって戻るかはまだ考え中・・・
あっ!夜行バスなんてナイスじゃない!?
調べてみます。
さて、では本日の講義です。


第26回 発注スプリクトの作成(2)

■引数 cmd
■引数 stoploss takeprofit
■引数 magic
昨日はOrderSendの引数の説明まで行いました。
今日はその中の重要な引数についてお話していきます。
■引数 cmd
まずはこちらの表を見ていただきたいです。
http://www.metasys-seeker.net/MQL4_Reference_ver1/02-03_TradeOperations.html
▼OP_BUY
まさに成り行きの買い注文を指定します。
このとき、引数の一つであるpriceには「Ask」を入れます。
▼OP_SELL
成り行きの売り注文を指定します。
引数のpriceには「Bid」を入力します。
※AskやBidはMQL定義済み変数です。市場のASKとBIDを返してくれます。
▼OP_BUYLIMIT
指値買い注文を指定します。
引数のpriceには指値注文の値段を入れます。
▼OP_SELLLIMIT
指値買い注文を指定します。
引数のpriceには指値注文の値段を入れる必要があります。
▼OP_BUYSTOP
逆指値買い注文を指定します。
引数のpriceには逆指値注文の値段を入れます。
▼OP_SELLSTOP
逆指値買い注文を指定します。
引数のpriceには逆指値注文の値段を入れる必要があります。
※通常の指値・逆指値注文同様に、priceが市場価格と近すぎると発注が通りません。
■引数 stoploss takeprofit
この引数には、実際の逆指値・指値決済値を入力します。
priceからのpips入力はできません。
そのような場合は自分で関数を作製することになります。、
■引数 magic
非常に大事な引数です。
Expert Advisorではこのmagicナンバーを元に発注の管理を行います。
例えば、二つのEAがあって、同じmagicナンバーを持っていたとします。
同じタイミングで、
EA1:買いシグナル
EA2:決済シグナル
なんてことになると、EA1で買ったポジションがEA2で即閉じられて、
ずっと発注・決済を繰り返すことになってしまいます。
このようなことを避けるために、magicナンバーを分ける必要があるんですね。
このmagicナンバーはパラメータとして設定できるEAが多いです。
そのようなmagicナンバーが同じになる事態を避けるためですね。
今日の講義はここまでとします。
明日は実際に発注プログラムを作ってみましょう!
楽しみですね♪
ではでは、最後までお読みくださりありがとうございましたー。

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 64 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第18回 インディケーターを色々いじってみよう

こんばんは!キリンです。 今日の名言 「日々、常に何か新しいことを学習し身につける。  それを繰り返すことによって、新し

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第15回 MQL定義済み関数について

こんにちは!キリンです。 このブログ自体が夜書くことが多いので、「こんにちは!」っていうと新鮮ですね。 春の陽気を感じら

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第22回 ボリンジャーバンドのおさらい

こんばんは!キリンです。 お酒を飲んでからの講義は難しいですね。 何か対策を考えなければっ! 頑張って書いていきます。

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第11回 配列を覚えよう

こんばんは。キリンです。 最近、各EAの動向で一喜一憂してしまっています。 精神的によろしくないですな^^; クロスファ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第19回 ボリンジャーバンドを作ろう(1)

こんばんは!キリンです。 気づいたら本格的なプログラムを扱っている状態にまで、 この講座も進んでこれたのですね。 私とし

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第36回 ブレイクアウトシステムのEA 作成

おはようございます。キリンです。 今日は、マインドアップ的読書感想文で非常に良いことが書いてありました。 その中のさわり

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第21回 ボリンジャーバンドを作ろう(3)

こんばんは!キリンです。 私は本日を持って、脱サラをしました。 もう二度とサラリーマン生活に戻らないという固い信念のもと

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第30回 決済スプリクトの作成(3)

おはようございます。キリンです。 今回は記念すべき第30回ですね! 開始当初から考えると思ったより速いペースでの達成です

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第39回 ブレイクアウトシステムのEAの最適化をやってみよ

こんばんは!キリンです。 今日は最適化をしてみます。 簡単に成績がいいものができてしまうので、 成果が出たときは非常に嬉

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第35回 MAの傾きを使ったEA

こんばんはっ!キリンです。 土曜日なんですが、脱サラすると関係なかったり・・・。 なんか実感が湧かない今日この頃です。

記事を読む

Comment

  1. 素人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    リアルに大阪へ引越しですか?
    気をつけて行ってくださいな!
    元々関西の方ですか?
    Ciao!

  2. きんとき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    MT4の発注は、ポジションのチケット管理(だったかな)に苦労した覚えがあります。笑
    testerの機能は素晴らしいですよね!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >素人さん
    元々大阪で、
    出身の市に帰ってきました。
    懐かしくもあり、新鮮でなにか不思議な気分です。
    頑張るっきゃないですね!
    励ましのお言葉ありがとうございます!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >きんときさん
    チケット管理は、中身知ってから出ないと難しいですよね。
    バックテストは最強ですね^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

VMWare Player をヘッドレスモードで使う。

[bm url="http://www.ryanchapin.com/fv-b-4-713/Ru

swig で foofunction is private と怒られた時。

例えばのエラーとしてはこれ。 問題は、公開する予定のクラスのpublicインスタンス変数にpr

DictCursor に AttrDict を指定する

Python requests に DefaultTimeout を設定する

Pythonコード 参考リンク [bm url="https://stackoverflow

Python Mock で オリジナルのインスタンメソッドのを呼びたい時

autospec と sideeffect を組み合わせるのが解決策だった。

→もっと見る

PAGE TOP ↑