Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第25回 発注スプリクトの作成

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

おはようございます。キリンです。
今日から引越しの準備です。
今週はあまり仕事が進んでないです・・・。
引越しの準備とか送別会とか、色々あったんですが、
そのなかでもやることはやらないといけないですね。
引越しの準備を終わらせて、
気合入れて挽回といきたいところ。
こういうときこそ、小さなことからコツコツですね!


第25回 インディケーターの補足

■スクリプトで発注を行う前の準備
今日からはインディケーターから離れて、
EA作りのための発注関数の説明を行っていきます。
今日は、一番の基本であるOrderSend()の説明をします。
その前に、標準の設定だとスプリクトから発注を行うことができないので、
その設定方法を説明します。
■スクリプトで発注を行う前の準備
■OrderSend()関数とその引数
メタとレーダーの「ツール」⇒「オプション」を選択します。
そこの「Expert Advisor」のタブをこのように変更します。
$■超直感!MT4(MQL)プログラミング講座■
取引を行うだけでしたら、「allow live trading」だけでいいのですが、
せっかくですので色々変えてしまいましょう。
細かい説明は割愛させていただきます^^;
実際のところ、僕もよく調べていません。
■OrderSend()関数とその引数
スクリプトとして簡単な発注を行えるものを作成してみましょう。
これだけでも裁量を行う際、簡単にできるのでお勧めです。
int OrderSend
(string symbol, int cmd, double volume,
double price, int slippage, double stoploss,
double takeprofit, string comment=NULL,
int magic=0, datetime expiration=0, color arrow_color=CLR_NONE)
▼symbol
取引を行う通貨ペアを選択します。
「NULL」と入力すれば表示中のチャートの通貨ペアが自動的で選択します。
▼cmd
取引の種類を選択します。
数種類ありますので、これは後で詳しく説明しますね。
▼volume
注文のロット数です。
▼price
注文を行う基準値段です。
成り行き注文:表示中の値段
予約注文  :注文を行う値段
▼slippage
スリッページです。pipsで指定します
priceからの許容範囲を指定します。
▼stoploss
逆指値注文です。
pipsではなく、実際の値段を入力します。
▼takeprofit
指値注文です。
pipsではなく、実際の値段を入力します。
▼comment
コメントです。
mt4は発注の際、メモ書きができます。
▼magic
プログラムによる注文の際のみ、
設定できる発注管理用ナンバーです。
※magicについては、作製の過程で慣れてくると思います。
 これも後で詳しく説明します。
▼expiration
注文の有効期限です。
予約注文の場合のみ必要です。
datetime型だったり、まったく僕が使わなかったりするので
説明を割愛します。
▼arrow_color
矢印の色を設定します。
矢印って何?という段階なので、作製の過程で説明します。
※発注を行えば、そこに矢印が表示されるのです。
とりあえず今日はここまで!
明日はこの続きを説明します。
最後までお読みくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 68 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第20回 ボリンジャーバンドを作ろう(2)

おはようございますっ!キリンです。 脱サラ後は朝のブログを習慣にする予定です。 毎日文章を書くことは、文章力をつける上で

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第4回 関数の定義方法

おはようございます。キリンです。 「パソコンを付けたら、まずブログを書く!」というマイルール作ってみました。 実践せねば

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第36回 ブレイクアウトシステムのEA 作成

おはようございます。キリンです。 今日は、マインドアップ的読書感想文で非常に良いことが書いてありました。 その中のさわり

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第38回 ブレイクアウトシステムのEA作成

おはようございます。キリンです。 脱サラしたことがついに親に発覚し、昨日電話かかってくると思ったらきませんでした。 親は

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第11回 配列を覚えよう

こんばんは。キリンです。 最近、各EAの動向で一喜一憂してしまっています。 精神的によろしくないですな^^; クロスファ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第13回 MQL基本関数・変数を覚えよう!

こんばんは!キリンです。 昨日、faiさん(とあるMetaTraderの備忘秘録)にブログで私の講座を紹介していただきま

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第32回 発注スプリクトをサブルーチン化する(1)

おはようございます。キリンです。 昨日、半年振り以上にバスケをしてきました。 今日の筋肉痛はやばいです(w サラリーマン

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第18回 インディケーターを色々いじってみよう

こんばんは!キリンです。 今日の名言 「日々、常に何か新しいことを学習し身につける。  それを繰り返すことによって、新し

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第16回 インディケーターの実働部分

こんばんは。キリンです。 先ほどHey!Hey!Hey!の大阪の歌特集をやっていました。 Dreams Come Tru

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第27回 発注スプリクトの作成(3)

こんにちは!キリンです。 今日、ついに大阪の地に降り立ちました。 5年ぶりの大阪。あの頃とはまったく気持ちが違いますね。

記事を読む

Comment

  1. lum より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    先ほど口蹄疫に関する記事をブログに転載させていただきましたlumです。
    ちょっと気になることがあって質問させていただきます。
    キリンさんの記事で、特にワクチン製造元からボランティアで1500本のワクチンが提供されたという件がありますが、この部分の情報の信憑性はどれ位あるのでしょうか?
    私は、キリンさんのブログを通じて伝わってくる人柄を信じていますが、この部分の内容は慎重に扱わないといけないように思います。
    世の中には、意図的に間違った情報をいかにも本当らしく流布させようとしている人たちも多くいます。少なくとも、その片棒を担ぐことにはなりたくないので質問させていただきました。
    お忙しいと思いますが、ご回答をお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

joblib によって謎のバグが起こる

joblib 0.14.1 にて確認.0.13.2 だと起こらない.import joblib を消

Fixing kernel error AMD-Vi: Event logged IO_PAGE_FAULT on Ryzen Machine

My pc was periodically shut down on 7:40 am JS

Ubuntu で仮想ディスプレイを使う

雑多な備忘録ですが、せっかくなので残しておきます。 Ubuntu 18.04 の resolv.c

PYPIへの登録を10秒でできるようになる方法

pip 使ってますよね Pythonを使っている人であれば、pip installでライブラリ

The art of debugging with GDB, DDD, and Eclipse の読書メモ

GDBの勉強がしたくて、下の本を原著で読んでみました。10年前の本だけど全然現役でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑