Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第22回 ボリンジャーバンドのおさらい

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

こんばんは!キリンです。
お酒を飲んでからの講義は難しいですね。
何か対策を考えなければっ!
頑張って書いていきます。


第22回 ボリンジャーバンドのおさらい

今までで作成したボリンジャーバンドのプログラムを組み合わせると、
このようになります。

//+------------------------------------------------------------------+
//| KumikomiBB.mq4 |
//| Copyright (c) 2009, Toyolab FX |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright “Copyright (c) 2009, Toyolab FX”
#property link “http://forex.toyolab.com”
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 3
#property indicator_color1 LightBlue
#property indicator_color2 Blue
#property indicator_color3 Blue
// 指標バッファ
double BufMain[];
double BufUpper[];
double BufLower[];
// 外部パラメータ
extern int BandsPeriod = 20;
extern int BandsDeviation = 2;
// 初期化関数
int init()
{
// 指標バッファの割り当て
SetIndexBuffer(0, BufMain);
SetIndexBuffer(1, BufUpper);
SetIndexBuffer(2, BufLower);
// 指標ラベルの設定
SetIndexLabel(0, “BB(“+BandsPeriod+”)”);
SetIndexLabel(1, “Upper(“+BandsDeviation+”)”);
SetIndexLabel(2, “Lower(“+BandsDeviation+”)”);
return(0);
}
// スタート関数
int start()
{
int limit = Bars-IndicatorCounted();
for(int i=limit-1; i>=0; i–)
{
BufMain[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_MAIN, i);
BufUpper[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_UPPER, i);
BufLower[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_LOWER, i);
}
return(0);
}

上記の中身をしっかりと理解していただければと思います。
19, 20 ,21回に説明を書いていますので、わからないところがあれば戻ってみてくださいね。
では、これと最初に作成したiMAと比較してみましょう。

//+------------------------------------------------------------------+
//| MA Kirin.mq4 |
//| Copyright Kirin 2010, Forex Trading Laboratory. |
//| http://ameblo.jp/ftlabo-kirin/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright “Copyright Kirin 2010, MetaQuotes Software Corp.”
#property link “http://ameblo.jp/ftlabo-kirin/”
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 1
#property indicator_color1 Red
#property indicator_level1 0
// 指標バッファ
double Buf[];
// 外部パラメータ
extern int MAPeriod = 13;
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int init()
{
//—- indicators
// 指標バッファの割り当て
SetIndexBuffer(0, Buf);
// 指標ラベルの設定
string label = “MA(“+MAPeriod+”)”;
IndicatorShortName(label);
SetIndexLabel(0, label);
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator deinitialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int deinit()
{
//—-
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
{
//—-
int limit = Bars-IndicatorCounted();
for(int i=limit-1; i>=0; i–)
{
Buf[i] = iMA(NULL, 0, MAPeriod, 0, MODE_SMA, PRICE_CLOSE, i);
}
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+

MA用のプログラムとボリンジャーバンド用のプログラムのどこが違うのでしょうか?
一番大事なところをリストアップします。
・表示するインディケーターの数
・ini()で設定するインディケーターバッファの数
・iMAとiBandsの扱い方
といったところですね。
今回は上記3つの理解を確認させていただきたいので、
3つは具体的にどこが違うのかを宿題しにしてみたいと思います。
よろしければご回答いただければとっ!
明日回答を載せますね。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 68 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第10回 if関数を使ってみよう

こんにちは!キリンです。 昨日は土曜出勤でした。サラリーマン生活も残すところあと2週間弱。 今日は、引越し会社に引越しの

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第18回 インディケーターを色々いじってみよう

こんばんは!キリンです。 今日の名言 「日々、常に何か新しいことを学習し身につける。  それを繰り返すことによって、新し

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第35回 MAの傾きを使ったEA

こんばんはっ!キリンです。 土曜日なんですが、脱サラすると関係なかったり・・・。 なんか実感が湧かない今日この頃です。

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第32回 発注スプリクトをサブルーチン化する(1)

おはようございます。キリンです。 昨日、半年振り以上にバスケをしてきました。 今日の筋肉痛はやばいです(w サラリーマン

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第6回 インディケータープログラムの解説

こんにちは!キリンです。 GW真っ最中! 私は引っ越し先を探してきました。 納得のいく部屋を見つけて、さらに洗濯機も購入

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第16回 インディケーターの実働部分

こんばんは。キリンです。 先ほどHey!Hey!Hey!の大阪の歌特集をやっていました。 Dreams Come Tru

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第20回 ボリンジャーバンドを作ろう(2)

おはようございますっ!キリンです。 脱サラ後は朝のブログを習慣にする予定です。 毎日文章を書くことは、文章力をつける上で

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第33回 発注スプリクトをサブルーチン化する(2)

こんにちは。キリンです。 昨日、同い年の投資を始めている医大生とお会いしてきました。 すでに何度か事業にもチャレンジされ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第19回 ボリンジャーバンドを作ろう(1)

こんばんは!キリンです。 気づいたら本格的なプログラムを扱っている状態にまで、 この講座も進んでこれたのですね。 私とし

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第26回 発注スプリクトの作成(2)

おはようございます。キリンです。 昨日は招き猫さんに来ていただいて、 引越しを手伝っていただけました。 だけと肝心の準備

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

joblib によって謎のバグが起こる

joblib 0.14.1 にて確認.0.13.2 だと起こらない.import joblib を消

Fixing kernel error AMD-Vi: Event logged IO_PAGE_FAULT on Ryzen Machine

My pc was periodically shut down on 7:40 am JS

Ubuntu で仮想ディスプレイを使う

雑多な備忘録ですが、せっかくなので残しておきます。 Ubuntu 18.04 の resolv.c

PYPIへの登録を10秒でできるようになる方法

pip 使ってますよね Pythonを使っている人であれば、pip installでライブラリ

The art of debugging with GDB, DDD, and Eclipse の読書メモ

GDBの勉強がしたくて、下の本を原著で読んでみました。10年前の本だけど全然現役でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑