Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第22回 ボリンジャーバンドのおさらい

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

こんばんは!キリンです。
お酒を飲んでからの講義は難しいですね。
何か対策を考えなければっ!
頑張って書いていきます。


第22回 ボリンジャーバンドのおさらい

今までで作成したボリンジャーバンドのプログラムを組み合わせると、
このようになります。

//+------------------------------------------------------------------+
//| KumikomiBB.mq4 |
//| Copyright (c) 2009, Toyolab FX |
//| http://forex.toyolab.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright “Copyright (c) 2009, Toyolab FX”
#property link “http://forex.toyolab.com”
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 3
#property indicator_color1 LightBlue
#property indicator_color2 Blue
#property indicator_color3 Blue
// 指標バッファ
double BufMain[];
double BufUpper[];
double BufLower[];
// 外部パラメータ
extern int BandsPeriod = 20;
extern int BandsDeviation = 2;
// 初期化関数
int init()
{
// 指標バッファの割り当て
SetIndexBuffer(0, BufMain);
SetIndexBuffer(1, BufUpper);
SetIndexBuffer(2, BufLower);
// 指標ラベルの設定
SetIndexLabel(0, “BB(“+BandsPeriod+”)”);
SetIndexLabel(1, “Upper(“+BandsDeviation+”)”);
SetIndexLabel(2, “Lower(“+BandsDeviation+”)”);
return(0);
}
// スタート関数
int start()
{
int limit = Bars-IndicatorCounted();
for(int i=limit-1; i>=0; i–)
{
BufMain[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_MAIN, i);
BufUpper[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_UPPER, i);
BufLower[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_LOWER, i);
}
return(0);
}

上記の中身をしっかりと理解していただければと思います。
19, 20 ,21回に説明を書いていますので、わからないところがあれば戻ってみてくださいね。
では、これと最初に作成したiMAと比較してみましょう。

//+------------------------------------------------------------------+
//| MA Kirin.mq4 |
//| Copyright Kirin 2010, Forex Trading Laboratory. |
//| http://ameblo.jp/ftlabo-kirin/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright “Copyright Kirin 2010, MetaQuotes Software Corp.”
#property link “http://ameblo.jp/ftlabo-kirin/”
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 1
#property indicator_color1 Red
#property indicator_level1 0
// 指標バッファ
double Buf[];
// 外部パラメータ
extern int MAPeriod = 13;
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int init()
{
//—- indicators
// 指標バッファの割り当て
SetIndexBuffer(0, Buf);
// 指標ラベルの設定
string label = “MA(“+MAPeriod+”)”;
IndicatorShortName(label);
SetIndexLabel(0, label);
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator deinitialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int deinit()
{
//—-
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function |
//+------------------------------------------------------------------+
int start()
{
//—-
int limit = Bars-IndicatorCounted();
for(int i=limit-1; i>=0; i–)
{
Buf[i] = iMA(NULL, 0, MAPeriod, 0, MODE_SMA, PRICE_CLOSE, i);
}
//—-
return(0);
}
//+------------------------------------------------------------------+

MA用のプログラムとボリンジャーバンド用のプログラムのどこが違うのでしょうか?
一番大事なところをリストアップします。
・表示するインディケーターの数
・ini()で設定するインディケーターバッファの数
・iMAとiBandsの扱い方
といったところですね。
今回は上記3つの理解を確認させていただきたいので、
3つは具体的にどこが違うのかを宿題しにしてみたいと思います。
よろしければご回答いただければとっ!
明日回答を載せますね。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 67 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第28回 決済スプリクトの作成(1)

こんにちは!キリンです。 引越しも終わり、かなり落ち着いてきました。 時間的制約が皆無になると、セルフコントロール能力が

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第4回 関数の定義方法

おはようございます。キリンです。 「パソコンを付けたら、まずブログを書く!」というマイルール作ってみました。 実践せねば

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座 第37回 ブレイクアウトシステムのEA作成(2)

おはようございます。キリンです。 日本、負けてしまいましたね。 でも、すごい感動しました。 すごい夢をもらいました。 優

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第27回 発注スプリクトの作成(3)

こんにちは!キリンです。 今日、ついに大阪の地に降り立ちました。 5年ぶりの大阪。あの頃とはまったく気持ちが違いますね。

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第11回 配列を覚えよう

こんばんは。キリンです。 最近、各EAの動向で一喜一憂してしまっています。 精神的によろしくないですな^^; クロスファ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第8回 スクリプトを使ってみよう!

こんばんは!キリンです。 昨日の動画を上げてから気づいたのですが、 おそらく、昨日の動画で私の話で何をいっているのか伝わ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第13回 MQL基本関数・変数を覚えよう!

こんばんは!キリンです。 昨日、faiさん(とあるMetaTraderの備忘秘録)にブログで私の講座を紹介していただきま

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第6回 インディケータープログラムの解説

こんにちは!キリンです。 GW真っ最中! 私は引っ越し先を探してきました。 納得のいく部屋を見つけて、さらに洗濯機も購入

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第17回 iMA()に慣れよう

こんばんは!キリンです。 今日、鮒谷さんのかの有名なメルマガ、平成進化論において面白い話が載っていました。 簡単にご紹介

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第38回 ブレイクアウトシステムのEA作成

おはようございます。キリンです。 脱サラしたことがついに親に発覚し、昨日電話かかってくると思ったらきませんでした。 親は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Ubuntu で仮想ディスプレイを使う

雑多な備忘録ですが、せっかくなので残しておきます。 Ubuntu 18.04 の resolv.c

PYPIへの登録を10秒でできるようになる方法

pip 使ってますよね Pythonを使っている人であれば、pip installでライブラリ

The art of debugging with GDB, DDD, and Eclipse の読書メモ

GDBの勉強がしたくて、下の本を原著で読んでみました。10年前の本だけど全然現役でした。

JupyterでボタンからJavascriptを実行して追加のアウトプットをさせない方法

Javascriptを実行するとアウトプットセルの行が増える これがとても面倒だった。上の

まだBokehで消耗してるの?これからはPandas-Bokehを使おうぜ

タイトルはあまり気にしないでください。全然、Bokehで消耗する価値があるとは思っています。ただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑