Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

Rの使い方 1年ぶりにRを触ってみる。

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 R, quantmod

1年以上手を付けていないR。
これはプログラミング言語というより、ソフトウェア制御コマンド集みたいな感じだから使い方ってちょっと変わってる気がする。
というわけで久しぶりに使おうとしても、まったく思い出せないw

変数の代入

x <- 2
イコールでも大丈夫だけど、これがRの標準

(x <- 2)とすると、表示を同時に行う

quantmodを使う

quantmodマニュアル
http://www.quantmod.com/documentation/quantmod.pdf
zooのクイックリファレンス
http://cran.r-project.org/web/packages/zoo/vignettes/zoo-quickref.pdf

zoo.readでmt4用CSVファイルを読む

http://cran.r-project.org/web/packages/zoo/vignettes/zoo-read.pdf

require(quantmod)
cn = c(“Date”, “Time”, “Close”, “High”, “Low”, “Open”, “Volume”)
data <- read.zoo(“EURUSD.csv”, sep = “,”, header = F, index = 1:2, tz = “”, format = “%Y.%m.%d %H:%M”, col.names=cn)
candleChart(data)

quantmodに行を追加

merge(x,y)でくっつける

quantmodの各行の計算

dataというzooオブジェクトを作ったら、
data$”ラベル名” でラベルの行の計算を行える

quantmodで配列の複数条件

&&ではなく&を使う

runSum

移動総和
http://www.inside-r.org/packages/cran/xts/docs/period.sum

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 67 follow us in feedly

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Ubuntu で仮想ディスプレイを使う

雑多な備忘録ですが、せっかくなので残しておきます。 Ubuntu 18.04 の resolv.c

PYPIへの登録を10秒でできるようになる方法

pip 使ってますよね Pythonを使っている人であれば、pip installでライブラリ

The art of debugging with GDB, DDD, and Eclipse の読書メモ

GDBの勉強がしたくて、下の本を原著で読んでみました。10年前の本だけど全然現役でした。

JupyterでボタンからJavascriptを実行して追加のアウトプットをさせない方法

Javascriptを実行するとアウトプットセルの行が増える これがとても面倒だった。上の

まだBokehで消耗してるの?これからはPandas-Bokehを使おうぜ

タイトルはあまり気にしないでください。全然、Bokehで消耗する価値があるとは思っています。ただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑