Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

RubyでSQLiteをRails外で使うときのメモ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 その他

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 68 follow us in feedly

関連記事

no image

取引履歴を元にトレードの結果をチャート表示するインジケータのご紹介

おはようございます。キリンです。 MT4以外でトレードした結果を、MT4のバックテストみたいにヴィジュアルで把握できるよ

記事を読む

no image

Sakura VPS Serverにsqlite3の最新版を入れる際に。

www.sqlite.orgからソースファイルダウンロードして解答解答したディレクトリで./configuresud

記事を読む

no image

なぜFXを始めるのか?

初めまして。風来のキリンです。 これから毎日、このブログを更新することを日課とします。 日々の考えることを綴ることによっ

記事を読む

no image

超簡単トレーリングストップ導入方法

お久しぶりです。キリンです。 MT4以外のことをやっていると書いていましたが、 少しMT4に触りだしたので再開します・・

記事を読む

no image

移動平均線を用いたExpertAdvisorの作成

こんばんは。 一通りの勉強が終わったため、 簡単なExpertAdvisorの作成に取り掛かってみました。 やはり一筋縄

記事を読む

no image

11/1のFXの成績

趣味でFXをしているので、その成績を今日からまとめていきたいと思います。そのぐらいしないと、資金管理なんてできないよ

記事を読む

no image

VTのリファレンス的マニュアルの場所

おはようございます。キリンです。 仕事でVTのプログラミングをいじることになったので、 備忘録的に参考にしたサイトを載せ

記事を読む

no image

自分への一言。(メモ)

ユーロ円は勝てそうにない。色々やったけど、基本的に成績が他の通貨より落ちる。

記事を読む

no image

オプション向け 指定時間よりX分ごとにアラートを鳴らすソフト

外為オプションするなら、これがあると便利。使い方は説明不要だと思う。http://www.vector.co.jp/

記事を読む

no image

最小二乗法を用いたTrendLine Indicator

こんばんは。 昨日作ったiMAを利用したEAなのですが、 移動平均線の傾向から、 トレンドには強いということが判明しまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

joblib によって謎のバグが起こる

joblib 0.14.1 にて確認.0.13.2 だと起こらない.import joblib を消

Fixing kernel error AMD-Vi: Event logged IO_PAGE_FAULT on Ryzen Machine

My pc was periodically shut down on 7:40 am JS

Ubuntu で仮想ディスプレイを使う

雑多な備忘録ですが、せっかくなので残しておきます。 Ubuntu 18.04 の resolv.c

PYPIへの登録を10秒でできるようになる方法

pip 使ってますよね Pythonを使っている人であれば、pip installでライブラリ

The art of debugging with GDB, DDD, and Eclipse の読書メモ

GDBの勉強がしたくて、下の本を原著で読んでみました。10年前の本だけど全然現役でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑