Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

移動平均線を用いたExpertAdvisorの作成

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 その他

こんばんは。
一通りの勉強が終わったため、
簡単なExpertAdvisorの作成に取り掛かってみました。
やはり一筋縄ではいかないものですね。
今回の成果物です。
TesterGraph.gif
[EAの説明]
移動平均線の傾きを利用した
トレンドへの順張りが基本です。
USD/JPYの日足チャートをメインに考えています。
・MAPeriodの範囲移動平均で、
 その日より一日前と二日前の値が
 difference1(上昇トレンド時)
 もしくはdifference2(下降トレンド時)で設定した値を
 超えるような場合、トレンドの方向に順張りをします
・上記の移動平均の差がdifference3(上昇),
difference4(下降)を下回った際にポジションをクローズします
[extern関数の説明]
(括弧内は基本値です)
・MyOrderWaitingTime(=10)
  発注を行った際、何度リトライても完了せず
  エラー出力するまでの時間。
・Lots(=0.1)
  取引単位。
・Slippage(=3)
  取引時の許容誤差。
・MAPeriod(=5)
  移動平均の期間。
・Diffarence1(=0.3)
  一日前と二日前のクローズ値の差が
  Diffarence1より大きければ買い注文をする。
  その基準値。
・Diffarence2(=-0.3)
  Diffarence1の逆。売り注文のシグナル。
・Diffarence3(=0)
  Diffarence1での取引を終了させるための基準。
  これもクローズ値の差を基準に
・Diffarence4(=0)
  Diffarence2で取引をクローズさせる基準
・Slipips(=0)
  損切りポイント
・Tppips(=0)
  利食いポイント
[バックテスト結果]
可もなく不可もなくといったところでしょうか・・・。
長期の上昇トレンドがある場合は、
高い利益を得ることができるのですが、
上昇トレンドに比べ角度が急な下降トレンドや、
相場の方向性が定まらないレンジ相場に非常に弱いといった
傾向が得られました。
他の関数を組み込み、勝てる取引を精査していく必要がありそうです。
また何かできたら上げていきますねー。
※アップロードファイルについて
ヘッダファイルに個人的なものを用いているので、
mq4からは起動できないと思われます。
私のヘッダファイルもアップロードしていく予定ですが、
まだまだアレンジ中ですのでお渡しできるようなものではありません。
ご了承願います。
MA_Trendacy.mq4
MA_Trendacy.ex4

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 63 follow us in feedly

関連記事

no image

VPS上で複数ログインしてしまう場合の注意

こんばんは。キリンです。 EAの運用の際、VPSを用いてらっしゃる方は多いと思います。 FTLでもVPSの運用をお勧めし

記事を読む

no image

最小二乗法を用いたTrendLine Indicator

こんばんは。 昨日作ったiMAを利用したEAなのですが、 移動平均線の傾向から、 トレンドには強いということが判明しまし

記事を読む

no image

11/18 11/19 運用結果

<colgroup> </colgroup>バイナリオプション日付曜日取

記事を読む

no image

チャートとは何か?

こんばんはー。 今帰宅して、これからお風呂に入る・・・ ところなんですが、ちょっとした日課をクリアせねば。 さて、今回は

記事を読む

no image

Windows環境ではRuby1.9.3にはruby-debug19が入らない?

Ruby1.9.2でやればすんなりと出来ました。RadRails上でのデバッグもバッチリ。1.DevKitを入れる2

記事を読む

no image

ActionView::Template::Error (application.css isn’t precompiled):

productionで起動するとキャッシュの作成がまったく行われないから、手動でやってやる必要があるということだけ。

記事を読む

no image

インジケータ導入時と稼動時の表示が違う

こんにちは。キリンです。 タイトルの件、巷に出回ってるインジケータによくある現象ですよね。 インジケータ導入時はちゃんと

記事を読む

no image

【コラム】良いEAを見つけるには?

お久しぶりです!キリンです。 超直感プログラミング講座も、 当初の目的であるEA作成にまで何とかこぎつけることができまし

記事を読む

no image

プログラミング講座用 ネタ募集

おはようございます!キリンです。 といっても寝てないんですが、そのあたりは気にしない(w さて、プログラミング講座なんで

記事を読む

no image

11/20, 21, 22, 23, 24 運用結果

<colgroup> </colgroup>バイナリオプション日付曜日取引

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Windowsユーザ御用達の uci.edu から直接python wheelをインストールしてくれるライブラリ pipwin

あんまり情報が出てこないのでメモ書き。 https://twitter.com/fx_kiri

Python2 から Python3 へのC Extension の移行

最初に追加 モジュールの初期化と状態情報を書き換える initmyextension 関

Interactive Brokers 証券の Python API を利用する

Interactive Brokers 証券とは 日本には珍しく自動売買プラットフォームが提供され

Python Pandas からお手軽に highcharts が使える kanichart 作りました。

Kanichart fx-kirin/kanichart: Easy(簡易) plotting

Python 2, Python 3 で更新したファイルを調べてreloadするパッケージを作った。

pdbでのデバッグにはreload機能がない IPythonには優秀なautorelaod機能

→もっと見る

PAGE TOP ↑