Wizard In The Market
システムトレードの魔術師

*

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第21回 ボリンジャーバンドを作ろう(3)

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 MT4(MQL4)プログラミング講座

こんばんは!キリンです。
私は本日を持って、脱サラをしました。
もう二度とサラリーマン生活に戻らないという固い信念のもと
頑張っていきたいと思います。
「職業の道楽化」
この言葉を実践していければと思っています。
では、本日の講義です。
昨日がなかったので、22回も後で続けて書きます。


第21回 ボリンジャーバンドを作ろう(3)

前回まで出て、インディケーターの定義部分からinit()による初期設定までお話しました。
SetIndex関数シリーズはしっかり理解していただければと思います。
では、本日は待ちに待ったインディケーターの実働部、start()関数の中身についてお話します。
実際に僕が作成したstart()関数の中身は下記です。

int start()
{
int limit = Bars-IndicatorCounted();
for(int i=limit-1; i>=0; i–)
{
BufMain[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_MAIN, i);
BufUpper[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_UPPER, i);
BufLower[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_LOWER, i);
}
return(0);
}

今までこの講義を続けてみていただいている方であれば、
さほど難しい中身ではないのかなって思います。
では、要所の説明をしていきますね。
中身全体の説明としては、
「インディケーターのバッファにバンドのそれぞれの値を割り当てている。」
という要約ができるのですが、この言葉だけではなかなか伝わらないと思います。
各行の説明をします。
・int limit = Bars-IndicatorCounted();
・ for(int i=limit-1; i>=0; i–)
上記二つに関しては第16回を見ていただければと思います。
・BufMain[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_MAIN, i);
・BufUpper[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_UPPER, i);
・BufLower[i] = iBands(NULL, 0, BandsPeriod, BandsDeviation, 0, PRICE_CLOSE, MODE_LOWER, i);
ボリンジャーバンドを計算する関数はiBandsというのが用意されています。
簡単にご説明させていただきますね。

doubel iBands(string symbol, int timeframe, int period, int deviation, int bands_shift, int applied_price, int mode, int shift)

symbol, timeframe, period, shift, applied_priceについては、iMAと同じです。
第17回に詳しく記載しておりますので、よろしければご覧いただければと。
iMAとの違いは実はここだけなのです。
・doubel deviation
ボリンジャーバンドの偏差を入力します。
よく使われるのが2δですね。
・int mode
下記の大文字は全て、「MQL定義済み定数」です。
MODE_MAIN :ボリンジャーバンドの中間線を計算します
MODE_UPPER:ボリンジャーバンドの上位線を計算します
MODE_LOWER:ボリンジャーバンドの下位線を計算します
以外に簡単じゃないでしょうか?
これまでで、ボリンジャーバンドを表示するためのプログラムを全て作成してきました。
次回は、全てを組み合わせた際の動作について説明します。
最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

にほんブログ村 為替ブログへ 
Fx-Kirin

About Fx-Kirin

2009年10月にFXを開始、翌年2010年5月から脱サラをしてFX業界に専念。 2012年10月頃から本格的に勝ち始め、一月で資産を倍にする、2年半月間負けなし等、安定した収支で2013年11月に生涯FX収支が1億を超える。 投資スタイルはシステムトレード。プログラミングの知識がほぼない状態から、独学で自分がしたいと思うことであればほぼ実現することが可能なレベルまで成長。好きな言語はRuby, Python。必要となればC++からVBA、Pascal等なんでも行う。MT4/MT5のプログラミングも得意。 2011年にはFXで稼いだ資金をもとにシンガポールに移住し、留学も兼ねて起業をチャレンジするほど、ビジネスを興すことに熱意がある。国内の業者を主に使い始めたことから、2012年に帰国。零細株式会社経営中。

Adsense

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 64 follow us in feedly

関連記事

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第32回 発注スプリクトをサブルーチン化する(1)

おはようございます。キリンです。 昨日、半年振り以上にバスケをしてきました。 今日の筋肉痛はやばいです(w サラリーマン

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第11回 配列を覚えよう

こんばんは。キリンです。 最近、各EAの動向で一喜一憂してしまっています。 精神的によろしくないですな^^; クロスファ

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第29回 決済スプリクトの作成(2)

こんにちは。キリンです。 住民票の変更も行い、年金も国民年金に切り替えました。 免許証の住所変更にもこれから行く予定です

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第38回 ブレイクアウトシステムのEA作成

おはようございます。キリンです。 脱サラしたことがついに親に発覚し、昨日電話かかってくると思ったらきませんでした。 親は

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第30回 決済スプリクトの作成(3)

おはようございます。キリンです。 今回は記念すべき第30回ですね! 開始当初から考えると思ったより速いペースでの達成です

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第23回 ボリンジャーバンドのおさらい(2)

こんばんはっ!キリンです。 平日に私服で電車に乗っているのが非常に違和感を感じます。 でも、脱サラしたんだなっという感無

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第6回 インディケータープログラムの解説

こんにちは!キリンです。 GW真っ最中! 私は引っ越し先を探してきました。 納得のいく部屋を見つけて、さらに洗濯機も購入

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第18回 インディケーターを色々いじってみよう

こんばんは!キリンです。 今日の名言 「日々、常に何か新しいことを学習し身につける。  それを繰り返すことによって、新し

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第26回 発注スプリクトの作成(2)

おはようございます。キリンです。 昨日は招き猫さんに来ていただいて、 引越しを手伝っていただけました。 だけと肝心の準備

記事を読む

no image

■超直感!MT4プログラミング講座■ 第25回 発注スプリクトの作成

おはようございます。キリンです。 今日から引越しの準備です。 今週はあまり仕事が進んでないです・・・。 引越しの準備とか

記事を読む

Comment

  1. ホネクス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    MetaSysSeeker日本語リファレンスの
    iBandsの所
    applied_price の説明の項目が抜けてて 
    アレ? と思いましたね、
    http://www.metasys-seeker.net/MQL4_Reference_ver1/18-08_iBands.html
    英語リファレンスで調べた所
    applied_priceの説明の項目はあったので
    日本語リファレンスが記入漏れしてるだけでした。

  2. ホネクス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ・表示するインディケーターの数
    ・ini()で設定するインディケーターバッファの数
    バッファが3の為 曲線が3つ表示される
    ・iMAとiBandsの違い
    iMA(A適用される通貨ペア シンボル , B時間枠 , C計算する期間 ,Dラインの右へのシフト値 E,移動平均方式 ,F適用する価格 ,Gラインの左へのシフト値i)
    iBands(A ,B ,C ,本線からの偏差 ,D ,F ,ライン識別子の方式 ,G)
    iBandsはiMAにあったE,移動平均方式は無く
    本線からの偏差 と ライン識別子の方式が追加されている。
    でいいのだろうか…。

  3. ホネクス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ぁ 書き込む回間違えてしまった。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

no image
Python 2, Python 3 で string を bytes に変換する。

共通の処理系にしておきたかったので、メモ書き。 [bm url="https://python

no image
ctypes で c_char array を c_char_p に変換する

なかなか情報がなかったのでメモ書き。

Windowsユーザ御用達の uci.edu から直接python wheelをインストールしてくれるライブラリ pipwin

あんまり情報が出てこないのでメモ書き。 https://twitter.com/fx_kiri

Python2 から Python3 へのC Extension の移行

最初に追加 モジュールの初期化と状態情報を書き換える initmyextension 関

Interactive Brokers 証券の Python API を利用する

Interactive Brokers 証券とは 日本には珍しく自動売買プラットフォームが提供され

→もっと見る

PAGE TOP ↑